Ryuji Tamura

幼少期、6つの小学校を2年間で渡り歩き、結果的に7つ目で3年生から卒業までは変わらず過ごした。

その時期に、「シロ」という白い柴犬がやってきて、短い間だけれども一緒に過ごした。

「シロ」の死後2年弱、当時住まわせていただいていた祖父の家に、1匹の迷い犬が現れた。

その場で「飼う!」と宣言したその犬に「ダン」と名付けた。

雑種だったけれど、利口な犬だった。

犬は、感情がとても豊かで、まっすぐ。

その言語を超えたコミュニケーションのあり方は、当時の僕に大きく影響を与えた。

 

犬と比較すると、人間はだいぶお化粧が濃い。

ここでいうお化粧は、お顔の、ではなく心のお化粧。

そのお化粧は、生きていく過程で自然と身につけていったもの、ほぼ無自覚であることが多いからタチが悪い。

また、人間は体のどこかが悪いと、そこばかり気にする。

その原因を考え、人によってはいてもたってもいられなくなるほど不安になる。

転じて犬は、どこかが悪いといっても、動ければ動くし、食べれれば食べる。

「〇〇だから〜しよう」みたいな、作意はそこにない。

「安静」というのは、人間と犬に共通の智恵ではある。

しかし、人間のそれは、必要のない場合も多々ある。

時に、怠惰という以外ないことも、多々ある。

症状や病態、本人の問題意識などに大小あれど、だいたいのことには虚妄に過ぎない。

近代的設備、進歩した最新鋭の機器…などという広告に惑わされ、その真実を見損なう。

人間は、そうした生き物である。

されど、

文化、文明、あらゆる事物を創造し、「自分」と「他者」という概念を使いこなし得たのは、人間。

車、飛行機、スマホ、AI…よしあしは抜きに、こうした発明を為せたのも、人間である。

そうであるゆえに、人間は迷い、嘆き、苦しむ。

その先を想うこともできれば、それ以前を思い出すこともできるのだから。

問題、悩み、苦しみ…

人間がこれらを喝破し、その先(あるいは、その根源)へと歩みを進める…個人的に、ただ、その日を待ち望んできたものの、いつまで待っても(この人生のうちには)その日はやってきそうもない。

教育に始まり、マスメディア、ネット空間…この世界のあらゆる時空間に、問題、悩み、苦痛を生成する「洗脳」的要素は満ち満ちている。

 

その「洗脳」的要素の根底を為す大きなキーポイント、人間の「執着」という機能。

それを消滅へと導くことを生業としている。

他者の介在しうる最も深い領域まで。

「執着」という機能の特性を喝破し、その存在感覚を減衰する技術は、言語を解すのであるならば、普遍的な技術として全世界的に応用可能。

1996年開業。

​2022年で27年目になる。

  • 身体均整法

  • 野口整体

  • 操体

  • 自律訓練法

  • 催眠

  • 人間性中心心理学

  • エネルギー心理学(TFTなど)

  • REIKI

  • ポラリティ

  • 気、波動に関する様々なメソッド 

  • 神道(神職)

  • 仏教(主に冥想)

  • ​密教

  • ​ほか、様々な技法、メソッド

心体環境力学(Psychosomatic environmental dynamics)​創案者

IMG_1653.JPG