量子コンサルティング

生体の内臓、器官など全ては連動しています(生体マトリックス )。

これは捻挫したら足首だけ、胃が痛ければ胃だけに不調があるのではない、部分は全体を、全体は部分を表現しているからこそそこに不調が現れる、と考えることができます。

 

現在、量子力学的には、全てのモノには固有の振動数がある、とされています。

コップや書籍などはもちろん、体の骨や細胞、この宇宙の在るもの全ては振動しているといわれていますが、この振動数によって、生体各部の状態が安定しているか否かがわかります。

この振動数の乱れは、【ノア・アナライザー】という量子波動機器によって計測し、調整することができます(通称・ノア)。

【ノア】は、ロシアの物理学者が作り上げた生体のエントロピー計測機器である「メタトロン」と同様の機能を有する量子波動機器であり、細胞が発する周波数を松果体や視床下部などで受け取った情報を、誰の目にも分かるように表示することが可能となっています。

 

この【ノア】は病気を発見するワケではありません。

また、これによって病気の治療をしているワケではありません。

あくまでもエントロピーの乱れを計測しその調和を図る機器であり、予防的な意味で大変役に立つ機器ではあります

そして、一見魔法の機器のように思われるこの【ノア】ですが、エントロピーの乱れを調整したからといってその場で劇的な目に見える変化が訪れるワケではありません。

そういう期待をされている方は、あまりにも実感がないために拍子抜けすることになります。

量子的、波動的、エントロピーの乱れを整える…ということは、そういう即物的なことではありませんので、まずはその点をご了承ください。

 

さて、背骨、経穴、各部の筋肉や筋膜などに指先で触れ、その触れた部位から伝達される生体情報によって生体の状態を把握する一連の手法を【観察】といいます。

この【観察】により、量子波動機器では測り難い微妙な状態、各部の繋がり、気血の流れなどの面をカバーすることができます。

また、実際に触れ、その部位の痛みや張り、関節や筋肉の動作のしやすさなどの変化を自分自身で確認できるため、この【観察】は重要な指標であるといえるでしょう。

 

【観察】をし、生体の調整に入ります。

神経系の電気的なエネルギーがスムーズに運用されるためには、潜在意識のレベルでの感情の乱れ、蓄積したストレス、冷えやのぼせなどの冷熱が適切なバランスに落ち着くことが大切です。

神経機能が引き出されることで本来の運動機能は引き出され、生体の免疫力や自然な治癒能力は活性していきます。

 

『量子コンサルティング』は病気の治療、症状の解消を目的としているワケではありません。

一度きりのこの人生、悩みやしがらみなどに翻弄されることなく悠々と生きていく、この世界の錯覚に気づき、自分の脚で生きていく…そういうあなたのサポートとして、このセッションをご活用いただければ幸いです。

料金

量子セッション(量子波動機器によるセッション) 

 

3万円

お問い合わせ

東京都目黒区自由が丘

Mail: tamuratic@tamulab.info

​※所在地は、ご予約後にルート案内をPDFで送らせていただきます。

 

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

携帯会社のメールアドレスでは、こちらからの返信が届きません。

​Gメールやyahooメールなどをお使いください。

© 1996-2020  by TamuraTech Japan