ヒマラヤ

スクール・開業コース

「HI」という言葉、知っていますか?

「AI(アーティフィシャル インテリジェンス)=人工知能」という言葉は、いまや誰もが知る言葉になりましたが、「HI」と聞いても、ほとんどの方は「?」かもしれませんね。

「HI(ヒューマン インテリジェンス)=人間知能」。

​今後、「AI」がさまざまな分野で人間の仕事に進出していくと囁かれているなか、磨き抜かれた感覚と拓かれた感性を必要とするセラピーやヒーリングなどの分野は、本質的には「AI」が主流になりにくい分野であるといえます。

​本当に、これからの時代をセラピーやヒーリング、整体施術、心理療法などに携わっていくつもりでいるならば、「今」しっかりとした精神と技術のベース、土台を造り、感覚と感性を磨き上げ、資格や組織の力によらず生きていくことのできる構造(しくみ)を、自らの生きる場所を、創り上げることです。

スクール第3期・開業コース 新規募集要項

①募集

東京・九州(大分)の2ヶ所で開催。

今回の募集人数は、2ヶ所とも
3名以上で開催、最大6名までです。

(マンツーマンに近い形式での開催が望ましいため)

②開催地

東京

『TamuraTech Japan』オフィス

九州(大分)

大分市内(詳細は受講決定後に通知)

③開催日時

東京:10月より毎月第4日曜

九州:11月より毎月第2日曜

​時間は、1回2時間程度

④参加条件

・独立開業を「真剣に」志す方

・「真剣に」技術と精神のレベルアップを志す方

⑤参加費

1回 3万円(半期一括)

※月払いは別途相談

※9月末日締め切り

​ 参加希望はお早めに!

IMG_1585_edited.jpg

スクール第3期・開業コース 開講にあたり

実際のセッション、施術を重ねていくことでしか得られない、経験の知。

それは、どんなに論文を読み込み、専門書を研究したとしても、決して得ることのできないものです。

マニュアル的な理論や技術、アカデミックな権威に彩られた技法などが、実際の現場では、ごく限定されたシチュエーション以外ではあまり役立たないことは、実際に現場に生きる方々にとっては常識ではないでしょうか?

ごく安易な、表面的な技法、商業主義に根ざしたノウハウ、神秘性という仮面を被せた効なき手法などは、今も昔も後を絶たず生まれては消えていきます。

あるいは、初まりは純粋で、多くの奇跡的現象が起きていたものの、それが組織化され、教義のようなものが制定された途端に世俗化し、その純粋性の消失とともに凡庸となっていくこともあるでしょう。

では、何が大切なのか。

それは少なくとも、特定の理論や技法を追求することや、卓越した(とも思われる)メソッドを単に「習う」ことで、現出するものではありません。

 

 

この『スクール・開業』でお伝えすることは、本質的には特定の症状や疾病、問題などを解決するための手法、方法ではありません。

もちろん「開業」を意図している以上、そうした諸々についての対応はできないと話にはなりません。

その点については、すでにある程度セラピーやヒーリングなどを実践されている方々を対象としていることもあり、汎用性のある、しかしかなり深い領域までをカバーできる技法を、12回を通じてお伝えしています。

しかし、大切なのはそこではありません。

セラピー、ヒーリング、整体施術、心理カウンセリング…あるいは、マッサージやホメオパシー、アロマなど業態はどのようなものでも、同じです。

「あなた」自身。

その意識の在り方そのものが、そのまま「あなた」の現実となっている。

この点に、「本当に」気づくことができるかどうかです。

そして、そこからすべては始まります。

月に1回×1年間という期間を通し、こうした言語化の難しい暗黙の智を、志ある方々にお伝えしていきます。

量子セッション 伝授セミナー

主な内容

・初回

①セッションの全体像

②デモンストレーション&実技

​③質疑応答

・2回目

①体について

②観察について

③実技

​④質疑応答

以降、

「体のセッション」を通して、セラピー、ヒーリング…などの本質を見出していきます。

126508474_3610707485652878_5732238112472358955_n_edited.jpg
 

お申し込みについて

※参加申し込みは、公式LINE@、あるいはこのHPの「お問い合わせ」からお願いいたします。

※それらの媒体から「スクール 開業コース」というタイトルでご連絡をください。

※メールにはお手数ですが「現在の手法、経験年数、申し込みの動機」などもご記入ください。

​※なお、この時点で「?」が多い方、あるいはお伝えするのが憚れる方は、こちらの一存にて恐縮ながらお断りさせていただくことを、あらかじめご了承ください。

※内容についてのお問い合わせは、HPの「お問い合わせ」よりお願いいたします。

お申し込み、開始しております!(締め切り:9月末日

公式LINE@も要チェック!

2期受講生の皆様の感想(アイウエオ順)

・開業コースで学んだことは、施術者としての姿勢、在り方はもちろん、今まで学んだことに即プラスできる事を教えていただきました。

それも、今までにない結果が出るということ。

自分の意識が今までと違うのが開業コースに入って感じています。

施術のみならず、セッションにも活用できる技術。

他では、決して学べないと思っています。

残り3回、気を引き締めて学んでいこうと思っています。(Iさん)

・このクラスを受けてまだ開業できる自信はありませんが、作業場に来られる方に練習をさせてもらって、今のところ皆さんに喜んでもらっているので、受けてよかったと思っています。

ただ、ちゃんと理解、体得できているかが分からないので、もっとちゃんと知りたいと思っています。

リクエストしてよければ、スクール内でもう少し練習の時間があるといいなと思います。(Iさん)

・教えていただいた内容が、濃かったです。

試す相手がいないと甘えて練習しなかったことが恥ずかしいです。

今後は、貪欲に練習していきます。

ありがとうございます。(Oさん)

​​・一般のスクールから、開業コースに進み、一年。

私たちが目にしたり、認識する痛みや歪み、症状や病名がつけられたものなどは、ほんの上澄みの部分であるということが、やっと少し、肚に降りてきたところです。

つまり、逆を言えば、表面に上がってきたところを対処しようとしても、その時はいいけれど、根本的な部分は何も解決していかない、という事もだんだん理解してきました。

この開業コースでは、フィジカル的な手技に集中していたとはいえ、私たちが生まれてから今まで身につけた知識や経験、現代社会の中で培ってきた「常識」の範囲での思考では追いつかず、ただただ、真っ新な気持ちで教わった事をまずインプットしていく事で、これでいいんだ、という感覚を少しずつ、身体が覚えていく感じでした。

何よりも、対、人。対、命。目の前に居る方を尊厳する気持ちや、治って欲しい、良くなって欲しいというエゴを振り払って、「今、この瞬間できる事を精一杯するのみ」という教えは、どんな仕事でも、どんなシチュエーションでも、共通する大きな学びです。

人との距離感が難しくなったこのご時世でも、相手に対する尊厳、「礼」の気持ちを忘れなければ、コミュニケーションはしっかりと成り立つ事と思います。なので、私にとっては、この学びが、何よりも一番の財産となっています。(Kさん)

・一期目とは違い、さらに深く説明含め伝えていただいたことと、疑問すら思いつかないところを「宿題」という形で、何をどう調べたらよいのかまで教えていただいたことが本当にありがたく思いました。

実技に関しましても、“できない”前提で参加し始めた最初の頃に比べると、心持ちの変化は自分でも認識できる部分もあり、「開業コース」で仕込まれている範囲は大きいのだなと思いました。

ありがとうございました。(Kさん)

これまで幾度となく、惜し気もなく伝え続けて頂いてきたことの、実践をどれだけ積み重ねて来たか否かを、毎回毎回思い知る一年となりました。

それでも一貫して大切なことの根幹は変わらぬこと、開業というスタンスでの自身の在り方と、日々の実践と研鑽の積み重ねを、これからも続けてゆこうと思います。

田村先生、いつも、根気強く伝え続けて下さりありがとうございます。

そして同じクラスで同じ体験を共有するスクール生の皆さんとご一緒出来ることが本当に有り難いです。

田村先生、

今後ともどうぞ宜しくお願い致します。(Kさん)

・個人的なことですが、スクール期間中いろいろと落ち着かない時期となり、申し訳ありませんでした。

それでも穏やかに経過できることに感謝しております。

引き続き学ばせていただきたく、よろしくお願い致します。(Kさん)

・開業コースを受講し、スタートから数ヶ月、基本を学ぶこと、施術する側の姿勢など、大切な事を改めて感じました。

実技も、頭では理解できても実際には難しく、体に覚え込ませる為の練習をすることの大切さもしみじみ実感しています。

これからも、学びと実践をしたいと思います。(Sさん)

​・第1期に続いて受講させて頂いた開業第2期のスクールが、あと1回で終わろうとしていますが、この第2期での1年は座学、手技を介して、よりシンプルさ、純粋さという所に立ち戻る事を繰り返させて頂いた様に思います。
それまでは頭でっかちになりがちで、無限ループに行きがちでしたから、とても自分が楽になって参りました。

第3期を前に、こうして感想という形で振り返り、ただただ目の前の事にシンプルにありたいと思いました。第3期もどうぞよろしくお願い致します。(Nさん)

 

・指南塾から前回まで教わった技など、すでに身に付いたつもりが全く別物であった事が多々ありました。
いつも緊張感を持ちながらも、教わる事の愉しさとそして、いつになったら自分の物になるのか不安もあります。
沢山の方に触れさせて頂く事が中々出来なかった事も反省点ですが、開業となるとこれが一番大切かな、積極的にやって行きたいです。(Fさん)

​・開業コース2期目を終えて、開業してやっていくという意識で、毎回受けさせていただきました。

昔の職人ではないですが、田村先生の一挙手一投足をしっかり、目と頭に留めておくように、努力をしてきたつもりです。

どの程度、自分の身についているかは、また別の話ですが。

とても親身に教えていただいて、すごく勉強になりました。

これを糧にもう少し勉強してみたいです。

​それらを体得して、開業したいと思っています。(Mさん)

・田村先生に教えていただいたことは、まるで魔法のようで、でも私にもできて、今は家族や身近な人の健康に活かせています。

この技術を確かなものとしたく、さらに学びつつ、習練も続けていこうと思っています。

私を含め、私の周りの全ての人が、健康であれるように、先生の学びを活用していきます。

引き続きよろしくお願いいたします。(Wさん)

よくある質問

Q:「意識の在り方」とは、どういう意味ですか?

たとえば、あなたが「今」困っていることがあるとします。

それは、人間関係かもしれないし、お金のことかもしれません。

あるいは、どこかが痛い、苦しいのかもしれません。

それらをどうにか解決しようとして、西洋医療、セラピーやヒーリング、カウンセリングなどを受けるとします。

それらの手法で「解決」を目標にしている場合、それらを「いけないこと」という前提から入りますよね?

でなければ、「解決」する意味がありませんから。

そして、一旦はそれが「解決」したとします。

しかし、そのままでは、まず確実に「次」が現れてきますよね?

「現象=起きていること」は、それを認識する「あなた」がいるから、起きています。

あなたがいない、不在であるならば、それら(現象)は起きてはこない。

「そうはいっても、私はここにいるし…」

はい、そうですね。

それを大前提にして考えた場合に、答えは一つです。

「あなた」がそこにいながらにして、「不在」になればいい。

そうなれば、現象(起きていること)は、気にならなくなっていきます。

「どうやって…」

それをお伝えしていくのが、『スクール・開業』です。

​そしてこれは、理論や方法以前にある、セラピストやヒーラーの「基本」です。

Q:このコースは、開催場所はどこですか?

東京、そして九州(大分市内)の2ヶ所での開催です。

詳しくは、参加が決定しましたらお伝えしていくシステムになっています。

Q:「コア・セッション」「量子セッション」などを学べるのですか?

いえ、直接これらをお伝えする場ではありません。

量子セッションでいえば5ステップのうちの最初、第1ステップはお伝えしますが、ここまでです。

​そこから先は、また別クラスを用意しています。

この『スクール』の考え方として、まずは「使える」人になる、というものがあります。

たとえば、オムライスを作るのでも、作り方を知っていれば、とりあえず誰でも作れますよね?

でも、「お母さんの味には追いつかない」「同じレシピなのに、あのレストランの味を再現できない」ということがあるじゃないですか?

やり方、方法だけ伝えても、できないものはできない。

特に『コア・セッション』は、技術というよりは根本原則といった方がよいのですが、それだけにおいそれとお伝えすることは厳に謹まないといけないと、思っています。

 

なので、やり方や方法だけを望む方は、この『スクール』には向いていません。

Q:開業ですよね?それで…本当に開業できるの?

基本的には、現在すでに何らかの業態で開業されている方が、それは望ましいですね。

ただそれは、セラピーやヒーリング的な業態に限らず、なんでもいいとは思っています。

実際、現在2期生として通っていただいている方のなかには、歯科医師やヨーガ教師、薬剤師、靴職人の方もおられます。

また、現在開業しているワケではないけれど、「真剣に」この業態で生きていきたい、あるいは業態に限らず個人事業主になるという方については、基本的には歓迎いたします。

ただ、「自主的に」モノを考えていくような方でないと、実際にやっていくのは難しい。

たとえば、整体施術、ヒーリング、鍼灸など含め、10年で90%は辞めてしまうのが現実です。

90%すべてが生活苦で、というワケではもちろんないですが、現実を生きていくというのは、そう安易ではないとはいえるかもしれません。

誤解していただきたくないのは、「開業」だからといって「稼ぐ」方法を伝授するのではありません。

​そういう方法は、世の中にはゴマンとありますので、それらを自分なりに選び取っていけばよいです。

Q:認定資格などは、発出されるのですか?

そうですね。

発出したいのですが、いま現在まで、私がどなたかに「免状」みたいなモノを発出したことはありません。

​それにはいろいろな理由があるのですが…その「時機」がきたら発出する、だろうとは思います。

Q:参加費は月払いしたいのですが…?

それはご相談に応じます。

ただ、原則的には半期一括の方と同様ですが、「不参加月には支払わない」というシステムではありません。

これにはいろいろ心理的な理由があるのですが、来れない場合もキチンとお支払いいただきますので、その点はご認識ください。